ゴールデンアワーの公式ページはこちら

ねぇ、私の存在理由ってなに?

新ブランド「NIKO」第一弾作品!!

忘れられない青春を過ごす恋愛アドベンチャー。

この世界には忘れてはいけないものがある

基本情報

基本データ
対応OS Windows:7/8/8.1/10
動作環境 対応するOSに準ずる
原画 南浜よりこ
シナリオ 小西翼
ブランド NIKO
ジャンル 幼なじみ 巨乳 恋愛 制服 学園もの
ゲームジャンル 忘れられない青春を過ごす恋愛アドベンチャー

登場人物

広瀬 夏未(ヒロセ ナツミ)

広瀬 夏未(ヒロセ ナツミ)
声優:あじ秋刀魚

深谷校普通科3年B組。

成績優秀で清楚感のある見た目で、且つ、いつも明るく笑顔なため男子からも女子からも人気が高い。

勉強だけでなく、掃除・洗濯・料理等大抵の事は上手く出来てしまうパーフェクト女子。

だが一人娘の箱入り娘のためか恋愛経験0で、その話題になると慌ててしまう。

何故か雄也とのツーショット画像を持っていて、自身も雄也にも身に覚えが無く、困惑している。

「わ、私だって恋愛くらい出来るわ。……きっと……多分」

北上 まりか(キタカミ マリカ)

北上 まりか(キタカミ マリカ)
声優:鈴谷まや

深谷校普通科3年B組。

主人公の雄也とは幼馴染であり、元カノ。

一時遠距離恋愛になってしまった事がきっかけで別れてしまった。

以来、雄也とは気まずい仲だが、雄也の不規則な生活を心配したりと、どこか気にかけている様子。

雄也とはBまで行ったらしい。

「ねぇ、覚えてる? ファーストキスした時の事」

七北田 瑠璃(ナナキタ ルリ)

七北田 瑠璃(ナナキタ ルリ)
声優:ヒマリ

深谷校普通科3年B組。

元サッカー部マネージャー。最後の全国大会地方予選を敗退したのを機に引退した。

その時にサッカー部のキャプテンに告白され付き合う事に。

本人はずっと別の人を想っていたらしいが、悪い人ではないし、青春時代に彼氏も居ないのは寂しいからとの事。

「ずっとサッカー部一筋だったでしょ? だからそろそろ彼氏作らなきゃって思って」

名取 すず(ナトリ スズ)

名取 すず(ナトリ スズ)
声優:くすはらゆい

深谷校普通科3年B組。

読者モデル。大人しく地味でオタク気質であったが、友達から誘われた理由でなんとなく読者モデルを始めた。

そしていつのまにか人気モデルになってしまう。

自分が評価されるのは嬉しいが、一方、ファンが校門で出待ちをしたりするので困っている。

サッカー観戦が趣味。

「私の中の君はいつでも輝いていたから…。だから、今だってきっと…」

ユキ

ユキ
声優:歩サラ

深谷校3年。学科は不明。

その見た目は髪が明るい事以外は広瀬夏未とそっくりな程よく似ている。

だが性格は全く正反対。毒舌で家事等は得意でなく、その癖何事も自信ありげだがどこか抜けている。

ゲーマーであり、ゲームセンターで最強を自称していた雄也を格闘ゲームで負かす実力。

それがきっかけで雄也と知り合い、どういう訳か雄也の恋愛の手伝いをすると買って出る。

スマホで町の風景を撮るのが趣味らしい。

「安心して、私に任せれば全て解決するわ。あんたの恋なんて5秒よ」

石森 雄也(イシノモリ ユウヤ)

石森 雄也(イシノモリ ユウヤ)

深谷校普通科3年B組。本作の主人公。

元サッカー部レギュラー。ポジションはセンターハーフ

全国大会出場も期待されていた部で、本人も世代別代表に選ばれる程の実力だったが直前に雄也含む数名が事故で怪我をしてしまう。

大会に間に合わず地方大会で敗退。怪我をした他の者は順調に回復しているが、雄也は怪我が原因で選手生命を絶たれてしまった。

それ以降、特待生で入り勉強も苦手だったため受験勉強もせず、日々だらだらと放課後ゲームセンターに一人入り浸ったりして過ごしている。

いつからか、広瀬夏未の事を気にかけているが、その理由がいまいち思い出せないらしい。

作品あらすじ

ねぇ、私の存在理由ってなに?

サッカー全国大会地方予選決勝の直前、主人公の石森雄也は怪我によりサッカーが出来ない体になってしまった。

それまでの目標を失った雄也は夢や希望、そして、恋を半ば諦め、ただ時間を潰す日々を過ごす。

そんな雄也にも気になる女の子『広瀬夏未』が居たがどうせ自分なんてと、興味無い振りをしていた。

いつも通り、放課後に街に出て時間を潰すためゲームセンターに向かう雄也は『ユキ』と名乗る少女と出会う。

彼女はとても似ていた。『広瀬夏未』に。

そして、初めて出会った筈なのに、どこかそうじゃない気がして…。

彼女は突然雄也に告げる。

「私があなたの恋を応援してあげる」

それは雄也とユキの止まっていた時が再び動き出した瞬間だった。

残り僅かな時間の中で…。